第二種電気工事士 有効期限

第二種電気工事士の資格に有効期限はあるのか?!
試験勉強中の方に必読!!

第二種電気工事士免許

 

第二種電気工事士の資格を取得する方に、資格の有効期限についてお伝えしていきます。

これから第二種電気工事士の資格を取得しようとお考えの方や、取得にむけて勉強中の方は是非とも読んでいただければと思います。

 

また電気工事士の免許について、ご自身の事情で更新が必要な場合もございますので、ご一緒に参考にしてください。

 

目次

 

 

第二種電気工事士の資格・免許の有効期限について

率直にお伝えしますと、第二種電気工事士の資格免許に有効期限はありません。
また第二種電気工事士に限っては、基本的に免許の更新や定期的に講習に参加するなどの必要性はございません。(※第一種電気工事士には免許の更新や講習の参加義務があります。)

 

ただし免許の更新が必要な場合もあるのでご注意していください。

 

有効期限はないけど・・・過去には

取得した資格に対して有効期限はないとしても、資格自体の体制が変更されて別の名称の資格の扱いになることや、条件が付いたりするなどがあります。

過去には下記のような変更がありました。

 

電気工事士 → 第二種電気工事士
・変更による条件などはなし

 

高圧電気工事技術者 → 第一種電気工事士(条件あり)
・高圧電気工事技術者試験合格のみでは、第一種電気工事士としての工事はできない。
・高圧電気工事技術者免状所持と所定の実務経験3年を経ることで、第一種電気工事士の免状を取得することができる。

 

このような場合は免許の更新・届け出が必要

免許の更新・届け出

 

下記のような場合には、免許の更新・届け出が必要となります。

・氏名に変更が生じた場合
・免許を紛失した場合

 

 

第二種電気工事士の資格・免許の有効期限まとめ

第二種電気工事士の資格・免許の有効期限について如何だったでしょうか。
これから資格を取得しようとお考えの方には、参考になったと思います。

 

第二種電気工事士の試験に合格のためにも、しっかりとした学習教材で試験勉強に励む必要があります。第二種電気工事士の資格取得に高い実績があり、多くの合格者を輩出している翔泳社アカデミーの学科・実技の学習教材は下記でご確認ください。

 

 

このページの先頭へ戻る