第二種電気工事士資格対策サイト

電気工事士は楽な仕事ではない!!電気工事士の仕事は、業種選びで変わる!!

電気工事士の業種選び

 

電気工事士は楽な仕事ではない?電気工事士といっても、選択する業種で仕事の内容は大きく変わります。そこで業種による仕事の違いを、調べていきたいと思います。

これから電気工事士の免許を取得して、電気工事士の仕事に就こうとお考えの方は、ご一緒に業種による仕事の違いについて学んでいきませんか。

 

目次

 

電気工事士と業種

それでは電気工事士の仕事について、その業種による仕事の違いについて挙げていきたいと思います。大きくは下記のような業者で、電気工事士として従事していくことになります。

 

  • 電気工事業
  • ビルメンテナンス業

 

電気工事業

電気工事業

 

電気工事業と言っても様々な仕事内容になります。
基本的には電気工事会社に就職して、仕事に従事することになります。また仕事内容に関しても、就職する企業のメインとする工事内容によって大きく分かれるのです。

 

  • 屋内配線の工事
  • 電気通信工事
  • 鉄道の電気設備工事
  • 設備設置工事
  • 仮設電気工事

 

■屋内配線の工事
住宅・アパート・マンションなどの電気を通すための配線工事や、冷暖房設備の設置などの作業を行います。

 

■電気通信工事
各種ケーブルを建物に引き込むための工事や、電波の基地局などの設置作業を行います。

 

■鉄道の電気設備工事
鉄道関連の設備のメンテナンスや点検、架線の張り替え工事などを行います。

 

■設備設置工事
屋外の設備設置工事とそれに関連した電気配線の工事を行います。

 

■仮設電気工事
建設現場で工事を行うための、工事用の電気機器の設置や配線等の工事を行います。

 

上記のような工事内容を行っていきます。

基本的に体力などもいる仕事で、高温化で仕事をする環境や、危険な場所で作業をするなど、危険と重労働が伴うので、決して楽な仕事ではありません。

 

ビルメンテナンス業

ビルメンテナンス業

 

ビルメンテナンス業(ビル管理)においても、電気工事士の技能を活かすことはできます。
とはいえ本業がビルの管理となるので、電気工事士のプロフェッショナルになるというわけではなく、簡単な電気工事の対応と、本格的な電気工事が必要な際には、電気工事会社に依頼したりするなどの仕事がメインとなります。またビル管理が仕事となるので、基本的にはビル管理の仕事がメインとなります。

 

ですから業務の一部として、電気工事士の技能を使う程度だとお考えください。
※ビルメンテナンス業で働いている人の多くが、電気工事士の免許を持っています。

 

ビルメンテナンス業は電気工事会社で勤務するよりは、仕事の危険性は低く、忙しさやハードさも低いのでが特徴です。その分収入も低くなるので、20~40代の方には収入面で厳しくなるでしょう。

 

電気工事士は楽な仕事ではないのまとめ種

電気工事士は楽な仕事ではない?電気工事士といっても、選択する業種で仕事の内容は大きく変わることについて紹介してきました。

 

電気工事士といっても仕事内容が大きくことなることが分かっていただければと思います。
これから電気工事士になろうとお考えの方には、仕事の内容・収入・自分にあった仕事内容と働き方など、総合的に考えて電気工事士の仕事選びをしていただければと思います。

 

これから電気工事士の資格を取得しようとお考えの方は、電気工事士の試験対策として評価の高い下記講座で学習をおすすめします。1年に1回しか受験できない電気工事士試験なので、確実に合格を目指すためにも、しっかりと学習対策を行ってください。

 

このページの先頭へ戻る