第二種電気工事士資格対策サイト

第二種電気工事士の過去問をするべき理由とは?学科試験対策に必読

過去問を学習

 

第二種電気工事士の学科試験で、過去問をするべき理由についてお伝えしていきます。

これから第二種電気工事士の学科試験を受けられる方に、過去問をしっかりと学習するべき理由について紹介していきますので、是非試験対策として参考にしていただければと思います。

 

目次

 

第二種電気工事士の過去問をするべき理由

それでは第二種電気工事士の過去問題集をなぜするべきなのか、説明していきたいと思います。

 

 

過去問とほぼ同じ出題傾向

まず過去問をもっともするべき理由は下記となります。

  • 出題される問題の傾向がほぼ同じ
  • 80パーセント近く過去問を解くことができれば合格が近い

 

特に出題される傾向がほぼ同じなのは、試験問題を作成している担当官が毎年同じであるからです。一度担当官が決定すると長期間変更はないので、過去問をしっかりと学習するとほぼ同じような問題が出題されます。
第二種電気工事士に関して出題される範囲がそれほど広くないので、ほぼ過去問を解けるようになれば合格に近いでしょう。

 

 

過去問は3年・5年どちらをするべき

販売されている過去問は3年版と5年版があるのですが、どちらをするべきか悩む方もいるかもしれません。どちらを選ぶべきか私なりにアドバイスすると下記となります。

 

3年版の過去問を選ぶメリット

問題を作成している担当官が同じだと思われるので、本年の試験に出題される内容を近いと考えられます。
教科書 + 問題集を買って勉強された方には、過去問3年版で勉強するので十分試験に対応できるでしょう。

 

5年版の過去問を選ぶメリット

幅広い過去の問題を触れることによって、過去3年分では出題されていなかったイレギュラーな問題にも対応できるといえます。
問題集を購入せずに、教科書 + 過去問5年分で勉強することで試験に対応することもできます。

 

どちらを選択するべきか個人的な意見としてお伝えすると、過去問3年分を上記の条件で学習するほうをおススメします。
問題集を作成している出版社の問題も、取り組んで勉強していくことで偏りがない問題に触れることができるので私なら問題集と過去問の両方を勉強するべきだと思うからです。

 

 

第二種電気工事士の過去問をするべき理由のまとめ

第二種電気工事士の過去問をするべき理由について如何だったでしょうか。
これから教材を探して勉強を始めようとしている方には、参考にしていただければと思います。

 

第二種電気工事士の試験に合格のためにも、しっかりとした学習教材で試験勉強に励む必要があります。第二種電気工事士の資格取得に高い実績があり、多くの合格者を輩出している翔泳社アカデミーの学科・実技の学習教材は下記でご確認ください。

 

 

このページの先頭へ戻る