第二種電気工事士 受験資格

第二種電気工事士に必要な受験資格とは?

これから第二種電気工事士の資格を取得されようと考えている方、自分に受験資格があるか気になっていると思います。
このページでは、そんな疑問にお答えします。

 

目次

 

第二種電気工事士の試験に受験資格は必要なし!!

第二種電気工事士の試験に、受験資格の条件はありません。

 

また第二種電気工事士に限っては、免許の交付に関しても条件はありませんので試験に合格して申請すると免許が交付されます。

 

受験されている年齢層

10~60代の幅広い年齢層の方が受験あれています。

 

受験されている方の性別

男女とも受験されています。
男性が多いイメージの電気工事士の資格ですが、女性で受験されている方も少なくありません。特に女性の中でも、若い方ほど受験される傾向にあります。

 

どういう方が受験されているのが多い?

特に40~60代で受験される方の多くは、ビル設備管理関連の仕事で必要となることで受験される方が多いようです。

 

学生も受験している?

十代の方でも、工業高校に通っている方は受験する方が多いので試験会場では若い方も多く見られます。また大学生の方は、これから電気関連の仕事に就職しようと受験する方が多い傾向です。

 

 

第二種電気工事士の試験を合格してから

 

第二種電気工事士 受験資格

 

学科試験と実技試験に合格すると第二種電気工事士試験合格通知書が送られてきます。
特に手続きについては各都道府県により異なる箇所もございます。
実技試験時に合格した際の手続きについての書類を渡されますので、必ず試験日には持って帰り確認してください。

 

 

上位資格の第一種電気工事士の受験資格は・・・

 

上位資格の第一種電気工事士

 

第二種電気工事士を取得された方は、上位資格の第一種電気工事士も取得できるのか気になると思います。

 

第一種電気工事士についても、試験は受験することに条件はありません。
ただし合格したとしても、免許の交付には実務経験(5年もしくは3年)という条件が必要となってきます。

 

第一種電気工事士試験に合格してから、実務経験を積んで申請すること方も可能です。実務を積みながら試験に合格して、必要とする実務期間を満たして申請するのも良い方法であると考えられます。

 

まとめ

 

第二種電気工事士の試験に受験資格に条件はありませんでした。
幅広い年齢層や性別の方が受験されているので、これから資格の取得を考えている方は挑戦してください。

 

第二種電気工事士の資格取得に高い実績のある、学科実技の教材は下記でご確認ください。

 

このページの先頭へ戻る