第二種電気工事士 勉強 時間

第二種電気工事士の資格取得に必要な勉強の時間とは

第二種電気工事士取得の勉強時間

 

第二種電気工事士の資格を取得するためには、どれくらい勉強をする時間が必要かお伝えしていきます。

これから第二種電気工事士の資格取得を目指す方に、必要な勉強時間を参考にしていただければと思います。特に学科試験と実技試験に分かれるので、勉強時間についてはしっかりと把握しておいてください。

 

目次

 

資格取得に必要な勉強の時間

第二種電気工事士は、決して難易度の高い資格ではありません。

 

しかし短期間で集中して勉強をしようとすると、勉強不足で失敗をする場合もございます。
特に実技の勉強では、手先と感覚で覚えていくところも多いので、しっかりと時間を割いて勉強をしていく必要があります。

 

ですからしっかりと試験勉強をするために、学科試験と実技試験のおおよそ必要な勉強時間をお伝えします。

 

学科に対する勉強時間

第二種電気工事士の学科勉強

 

学科に対する勉強時間は、毎日2時間を1か月間集中的に学習すると大体の方は合格できるレベルです。勉強方法は、教科書1冊と問題集及び過去問題集をすることです。

 

まず一週間しっかり教科書の内容を理解して、そして問題集を解いていきます。
2~3週間目は問題集をメインに学習を進めていき、自身が間違えやすいところを重点的に教科書で復習することです。4週間目は過去問題集を重点的に学習してください。できれば最低過去3年分の過去問題集を2周はしている方がいいです。
一見すると短期間でこんなに問題集をすることはできないと思う方もいるかもしれませんが、ある程度慣れてくると一日で過去問3年分くらいは普通に解けるようになります。

 

また過去問とほぼ同じ問題が試験に出題されることが多いので、過去問を85%以上で解けるようになれば合格に近いと思っていただければと思います。
ただし問題そのものを憶えてしまう方もいるのです、しっかりと内容を理解しておくことが必要です。

 

 

実技に対する勉強時間

第二種電気工事士の実技勉強

 

電気工事士で落ちる原因となるのは、実技試験であるといえます。

 

なぜかというと、ちょっとした1つのミスで重大欠陥とみなされて落ちるからです。
支給されている材料に制限があることと、作業時間があまりにも短いので一度のミスでも命とりとなります。

 

ですから実技試験の勉強、特に手先を使って公表問題をしっかりと練習していくことです。
一日2~3つの課題を練習することが、集中力を考えても限界です。ですから計画して練習を進めていくことをおススメします。
一日3課題練習しても、1か月で公表問題を3回くらいしかできません。ですから1か月は手先を動かして、公表問題の練習をしてください。

 

最初は1課題1~2時間くらいかかることもありますが、練習することでどの問題も30分以内に作れるようになります。むしろ30分以上かかる場合は、本番ではかなり厳しくなってくるので目標30分以内を目指してください。

 

 

第二種電気工事士の勉強をするうえでのポイント

第二種電気工事士の勉強をするうえで、電流・電圧・抵抗の関係と電気記号をしっかりと理解しておくことが必要です。そのうえで配線図を理解できるようになっていると、学科試験と実技試験もしっかりと対応ができるでしょう。

 

実技試験に不安がある方は、動画などでしっかり施工のやり方を教えてくれる教材を購入して、作業のコツをしっかりと掴んでください。

 

 

資格取得に必要な勉強の時間のまとめ

第二種電気工事士の資格取得に必要な勉強の時間について如何だったでしょうか。
これから資格を取得しようとお考えの方には、参考になったと思います。

 

第二種電気工事士の試験に合格のためにも、しっかりとした学習教材で試験勉強に励む必要があります。第二種電気工事士の資格取得に高い実績があり、多くの合格者を輩出している翔泳社アカデミーの学科・実技の学習教材は下記でご確認ください。

 

 

このページの先頭へ戻る